本文へスキップ

NPO法人ウェルビーイングは、介護福祉士実務者研修等の通信講座と、介護福祉施設等の外部評価や第三者評価を行っている会社です。

介護福祉士実務者研修 通信講座

介護福祉士とは?

介護福祉士」は、社会福祉士及び介護福祉士法(1987年5月26日制定、2007年12月5日改正)により定められた介護・福祉分野の【国家資格】です。

現在、介護福祉士の資格は、(1)国家試験に合格して取得する方法と、(2)国家試験を受けずに高校または、福祉系の大学を卒業後、厚生労働大臣が指定した介護福祉士養成施設で実務経験を積んで取得するという方法があり、(2)の場合は、養成施設を卒業すると、介護福祉士として登録されるので、国家試験をうける必要はありません。
 
国家試験を受ける場合、誰でも受けられるというものではなく、決められた受験資格が必要で、「3年以上介護の業務に従事したもの」という条件があり、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、身体障害者療護施設などの介護業務か、介護保険の指定する訪問介護事業所の訪問介護員などとして、540日以上の実働日数が必要です。

介護福祉士の仕事は、ホームヘルパーと同じように、「身体介護」「生活援助」「社会活動支援」が主ですが、大きく違うところは、介護をするだけではなく、その指導を行ったり、利用者が生きがいを持って、自立した生活がおくれるように支援する事を目的としています。
そのためには、より専門的な知識と技術が必要とされ、利用者やその家族からの相談にも適切な助言ができることを要求されますので、幅広い視野をもつことが大切です。

さらに、これからの介護福祉士は、国民の福祉サービスの充実・向上の中心的役割を担っている資格者として、「豊かな感性」「洞察力・情報分析能力」「介護目標・計画の立案能力」等が求められ、チームケアの一員として高い評価が得られるよう努力することが必要となります。

介護福祉士実務者研修について

【介護人材キャリアパスの整備】
介護人材を安定的に確保し、介護現場を魅力ある職場とするためにも、介護の世界で生涯働き続けることが出来るという展望をもてるように、複雑だった介護資格のスキルアップの道筋が整備され、廃止となった「ヘルパー1級・2級・介護職員基礎研修」に変わり、新しく「介護職員初任者研修」と、
「介護福祉士実務者研修」が設けられました。

「介護職員初任者研修」は「ヘルパー2級」相当の資格で、 「介護福祉士実務者研修」は、「介護職員基礎研修 ・ ヘルパー1級」に相当する資格とされ、平成28年1月からは、国家資格の「介護福祉士」資格取得の条件として、
介護職の実務経験3年以上+「介護福祉士実務者研修(450H+医療的ケア(演習)8H)の受講」が義務付けとなります。

今までの介護福祉士試験では、筆記試験及び実技試験を受けなければなりませんでしたが、今後は介護福祉士実務者研修を受講することで筆記試験のみとなり、既に、介護職員初任者研修や、ヘルパー1級・2級、基礎研修等の資格をお持ちの方でも、介護福祉士の国家資格試験を受けるためには、お持ちの資格に応じて免除される受講科目があるので、必須科目のみ受講することが必要となります。

介護福祉実務者研修通信講座 受講案内

平成27年4月開講
介護福祉士実務者研修通信講座
受講希望者が少なかった為、中止となりました。次回の開講日程等につきましては、決定次第ホームページでお知らせいたします。
受講期間:平成27年4月〜平成27年9月
募集期間:平成26年9月11日〜平成27年3月12日まで
平成 28年 1月から国家資格の介護福祉士修得の条件として、「実務経験 3年以上」プラス「介護福祉士実務者研修(450H)の受講」が義務付けとなるため、今までの介護福祉士試験では、筆記及び実技の2つを受験する必要がありましたが、今後は介護福祉士実務者研修を受講することで、筆記試験のみになります。

平成28年4月からは「介護福祉士実務者研修(通学課程)6ヵ月コース」の開始を予定しております。

◎平成27年4月開講(通信課程・6ヶ月コース)について、当法人が教育訓練給付制度の講座指定を受けられる様、申請手続きをする予定で進めています。

教育訓練給付制度

「教育訓練給付制度」とは、受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額(※上限10万円。4千円を超えない場合は支給無し)が支給されるものです。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は、一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合、本人自らが教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)を、ハローワーク(公共職業安定所)から支給する制度で、平成27年4 月開講(通信課程・6 ヶ月コース)から、当法人が教育訓練給付制度の講座指定を受けられる様、申請手続きをする予定で進めていますので、当訓練を受講される方で、教育訓練給付を希望される方は、詳しくは当法人へお問合せ下さい。

受講対象者と受講料について

既にお持ちの介護資格によって、受講免除になる科目が有り、各コースの受講時間が異なりますので、受講コースを良くご確認の上お申し込みください。
受講料のご案内
受講対象者  受講料
 無資格者
450時間+医療的ケア(演習)8時間コース
200,000円
介護職員初任者研修修了者
320時間+医療的ケア(演習)8時間コース
150,000円
 訪問介護員1級課程修了者
95時間+医療的ケア(演習)8時間コース
50,000円
 訪問介護員2級課程修了者
320時間+医療的ケア(演習)8時間コース
150,000円
  訪問介護員3級課程修了者
420時間+医療的ケア(演習)8時間コース
180,000円
 介護職員基礎研修修了者
50時間+医療的ケア(演習)8時間コース
25,000円
※別途費用 各コースのテキスト代
※設置する教室に通学可能な者に限る。
(所在地:木更津市東中央 1-1-13マコーラ第一ビル4 F)

※受講定員は 30名。

お申し込みの手続きについて

「介護福祉士実務者研修通信講座申込書」に必要事項を記入し、顔写真貼付の上、該当の資格をお持ちの方は、資格証明書のコピーと、受講決定通知送付用返信用封筒1通分を一緒にお送りください。

※返信用封筒(長形3号封筒に82円切手を貼付・受講者の住所氏名を記入)は、申込書が受理された後、受講決定通知と受講料振込案内を送付します。
※該当資格については、別紙【各コースの受講対象者と受講費用等について】をご確認下さい。

◎「介護福祉士実務者研修通信講座」のご案内と受講申込書は、こちらからダウンロードできますので、印刷してご使用ください。
印刷の出来ない方は、ご案内書と申込書をお送りしますので、当法人までお問合せ下さい。
お問合せはこちら

「介護福祉士実務者研修通信講座」のご案内 (PDF)
介護福祉士実務者研修通信講座 受講申込書 (Microsoft Word)
平成27年4月開講講座の受付は、平成26年9月11日〜平成27年3月12日までです。受講申込書に必要事項を記載し、当法人まで郵送ください。

〒292-0057
千葉県木更津市東中央1‐1‐13
マコーラ第一ビル6F604
特定非営利活動法人ウェルビーイング 通信講座 宛

介護職員不足の現状について

一般的に介護職は、精神的・肉体的にきつい仕事であるとの認識があり、様々な要因から止むを得ず転職なさる方がおられる反面、介護職にやりがいを見出し、いきいきと働いている方も多く、仕事そのものに魅力があるのも確かです。

国の推計では、149万人の介護職員は、団塊の世代が75歳以上になる2025年度には237万〜249万人必要になると見込まれるため、さらに100万人近い人材を確保しないと、将来の介護需要に対応できないと言われており、現在でも介護職についてはかなりの需要が存在するため、介護施設や事業所の新設等に伴い、常に職員の募集をしているような状況です。
 
無資格でも働くことのできる現場も多く、必ずしも専門的な知識や技術が要求される仕事ばかりではありませんが、専門知識や資格があれば仕事の幅も広がり、収入の安定にもつながります。 
需要が高い介護職としては、ホームヘルパー、介護福祉士、ケアマネージャーなどの資格をお持ちであれば、就職先を探す際有利になることでしょう。
 
介護職に興味を持ち、介護業界で働くことを目指している、あるいは介護職員としてのスキルアップのため、更に上の資格をとお考えのときに、出来るだけ効率的に介護の資格を取る為に、当法人の「介護福祉士実務者研修」を役立てていただきたいと考えております。