本文へスキップ

NPO法人ウェルビーイングは、介護福祉士実務者研修等の通信講座と、介護福祉施設等の外部評価や第三者評価を行っている会社です。

−開講予定講座のご案内−
介護職員初任者研修 通信コース

2013年度より、「介護員2級養成研修(2級ヘルパー養成講座)」は「介護職員初任者研修」になりました。
当法人では、働きながら介護職員初任者研修修了資格が取得出来る様、通信コースでの開講を致します。


介護職員初任者研修についてはこちらをご覧ください。

平成27年4月開講コースは、受講希望者が少なかった為中止となりました。

「介護福祉士実務者研修通信講座」

平成27年4月開講「介護福祉士実務者研修通信講座」は、受講希望者が少なかった為中止となりました。

【介護福祉士実務者研修 通信講座受講のご案内】
募集期間
平成26年9月11日〜平成27年3月12日迄
受講期間:平成27年4月〜平成27年9月


平成 28年 1月から国家資格の介護福祉士修得の条件として、「実務経験 3年以上」プラス「介護福祉士実務者研修(450H)の受講」が義務付けとなるため、今までの介護福祉士試験では、筆記及び実技の2つを受験する必要がありましたが、今後は介護福祉士実務者研修を受講することで、筆記試験のみになります。


平成 28年 1月以降から介護福祉士の免許を取得される方のために、当法人は平成27年4月より「介護福祉士実務者研修(通信課程)6ヶ月コース」を実施いたします。
詳しくはこちら

「介護福祉士修学資金貸付制度」

【介護福祉士実務者研修受講資金とは】
介護福祉士実務者研修受講資金は千葉県において介護福祉士の人材確保を図るため、介護福祉士実務者研修施設に在学し、卒業(修了)後、介護福祉士の資格を取得し、千葉県内において介護等の業務に従事しようとする方に、
無利子で貸し付けする資金です。

介護福祉士実務者研修施設を卒業(修了)した日、又は業務に従事する期間が3年に達した日のいずれか遅い日から1年以内に、介護福祉士の資格を取得し資格登録を行って、千葉県内において介護福祉士の受験範囲に定める介護等の業務に従事し
、引き続き2年間従事した場合は返還債務の全部を免除するほか、一定の事由に該当する場合は、返還債務の全部又は一部が免除される場合があります。

【貸付対象】
以下の全てを満たす方を貸付対象者としています。

@ 千葉県内に住民登録をしている方であり、実務者研修修了後に千葉県内(国立障害者リハビリセンター、国立児童自立支援施設等で従事する場合は全国を区域とします。
また、東日本大震災の被災県(岩手県、宮城県、福島県に限る)において介護業務に従事しようとする方。

A 原則として県内の実務者研修施設に在学し、介護福祉士の資格取得を目指す方。
※生活福祉資金、母子・父子・寡婦福祉資金、その他の国庫補助事業等を活用した制度との併用はできません。
※職業訓練として実務者研修を受講する場合は、貸付対象外となります。
※教育訓練給付制度(雇用保険法)を利用して実務者研修施設へ修学する場合も併用できません。

【貸付内容】
●貸付限度額:20万円以内 
※実務者研修施設在学中に限り1回。
 受講料、実習費(交通費含む)、教材費、国家試験手数料等が対象。

●貸付期間:実務者研修施設に在学している期間。
※実務者研修施設からの推薦が必要で、施設単位での申請となるため、入学前や個人での申請は出来ません。

詳しくは当校へお問い合わせください。
TEL : 0438‐25‐7045
e‐mail:maru@wellbeing.or.jp